2018年01月10日

自動車の御祈祷に行ってきました
生まれて初めての体験です 


bbbお祓い


「神だのみは抵抗あるな~」って
直前まで、行くか行かないか、、、
悩んだのですがねえ

昔、知りあいが交通安全祈祷に行った
帰り道に事故を起こしたしね(笑)💦


あああ祈祷殿

高尾山薬王院の自動車祈願殿


aaaa駐車場

春のように暖かくて天気も良いし
駐車場も広くて空いてるし
「ん、来てよかった~


aaaa天狗

薬王院の本尊は、飯縄大権現(なむいずなだいごんげん)

不動明王の仮の姿として、衆生を救済する
徳を備えた仏神なのですが、、、


bbb天狗

黄金ピカピカの天狗さまがスゴイ 

気合い入り過ぎて、前のめってる ( *´艸`)ww

交通事故、これは偶然生ずるものでなく
ほとんどは運転者並びに歩行者の心構え
ひとつで防止できるものと教えてくれます

仏の教えと加護により、心に安らぎを得て
安定した気持ちでハンドルを握る事が大事
なのだとも


t_DSC3731

山伏の格好をした僧侶の祈祷が始まります
ほら貝を吹いたり、太鼓を叩いたり 

日本古来の山伏信仰では、奥深い山で
修行をすると、超自然な力(験力)が得ら
れると信じられているのです


aaaaaaaaaaaa

aqaa人車一体

人車が一体になって交通安全の加護を祈ります 
なんともすがすがしい気持ちになりました

心の中で交通事故をなくすことに励んだならば
世界が願う交通安全も夢ではないのかも


DSC_1635

お守りやステッカー、そして修行証明書を
書いていただけるのですが、これが見事な
達筆で (*'▽')

そう言えば、子供の頃に親のマイカーにも
コレあったの思い出した!
お祓いして事故起こしたの、親だったかも?!

まあ、お祓いしたから大した事故に
ならなかったのかもね・・・


新しいトラック2

冬樹庭園の社長専用車、新しく乗り換えました
前のトヨタライトエースは、大切に26万km走り
ましたから 


DSC_1647

街で見かけたら、声かけてやって下さいまし♡
アンティークな車輪と《吾唯足知》が目印です











冬樹社長fuyukitabata at 22:47│コメント(4)

2018年01月01日

85707351-新年あけましておめでとうございます-2018

今年もよろしくお願いします (=^・^=)


冬樹社長は、年の瀬から北陸へ 


a

雪~っ!!


 

DSC_1227

東京駅から北陸新幹線かがやき号に乗って来ました
東京駅構内を眺めていると、まるでダンスホールのよう
に見えて来るから不思議

うにごはん

早速、駅弁やらビールやら買い込み☆
朝からこってり、磯の香りの幸せ

でも、あっという間に終点金沢に着いちゃうんです
実をいうと、北陸新幹線に乗ったのは今回初めて。。


aa784601

冬樹社長、あれだけ「歌庭コラボ」で北陸新幹線ネタを
やっているのにですよ! 


a 兼六園

金沢兼六園、徽軫灯籠(ことじとうろう)

ことじ灯篭って片足が折れていて短いんですよ
金沢の庭園家仲間によると、明治維新の頃に
ひっくり返って折れたんだそうです (´゚д゚`)
じつはその後も昭和に入ってから計6回も倒れた
のだそうです
その都度、京都の石工、あの西村金造が直して
いるのだとか・・

ぶっちゃけ二本足は無理があるみたい ( *´艸`)


A 雪吊り

冬の風物詩、雪吊り

11月から12月中旬まで兼六園の五人の庭師が中心
になって、造園業者延べ500人工で作業するそうです


Aたけちゃん

たけるちゃん(日本武尊)も寒そう
※冬樹社長は昔からこの銅像をそのように呼ぶ

石組に三匹の動物が潜んでいるのご存じですか
へび・なめくじ・かえるの三すくみですよ


Aおしるこ

金粉入りでリッチな茶屋 見城亭のぜんざい
ぜんざいやおしるこって、冷えた体がホッと
和みますねえ




Aのどぐろ

能登半島といえば、今や高級魚となったのどぐろ
日本海から能登沖で獲れるのどぐろは、「白身のトロ」
と云われるほど脂が乗っています


Aズワイガニ

そして噂の加能ガ二
能登・金沢・橋立で水揚げされる雄のズワイガニ


菊姫

お酒は菊姫・先一杯(まずいっぱい)をセレクト
山田錦65%の純米酒
比較的軽やかで柔らかな旨味と口当たり
まず一杯のつもりが、どんどん杯が進みます


Aヒノキ露天風呂

檜の露天風呂につかって海を眺めれば、思わず
「極楽、極楽~」と口に出てしまいますねww




A仁志川

金沢の桜橋を上がった先、犀川を望む
寺町台地の一角に、料亭・仁志川があります


a にしかわ4

もとは西川文平さんという財界人の邸宅をリノベーション
500坪もの広々した敷地面積を誇っているのですが・・


a にしかわ2

なんと庭は、あの重森美玲が作庭したものなのです (´゚д゚`)

「重森美玲の庭を眺めながら懐石料理が食べられる」
ということで行ってきました

a にしかわ3

加賀野菜と魚介をふんだんに使った三段弁当「香林」
そしてすべての席から庭園が見渡せます


Aにしかわ5

料亭のために庭を作るのは普通ですが、
庭園のために料亭を作るとはスゴイことですよね!
金沢では玉泉園(西田家庭園)くらいしか知りません

まさに食と庭園のコラボといえるでしょう


宮森昌子さん

美人女将の宮森昌子さん
※フロントマネージャーというのだそう

気さくにお話をしていただき、お二階なども見せて
いただきました

庭園ファンの皆さまは要チェックですよ 



















冬樹社長fuyukitabata at 16:13│コメント(11)

2017年12月31日

DSC_0087

上諏訪温泉、ホテル鷺の湯


DSC_0091

屋内に日本庭園がある立派な旅館です


露天風呂

少しぬるめの露天風呂が最高でした♡

諏訪湖に来た理由?

それは、うなぎを食べに来たのです
鰻の名産地といえば、静岡浜松や愛知一色町
が思い浮かびますが、ここ長野諏訪湖も昔から
岡谷の鰻で有名なのです

天竜川は遠く海につながっているんですね 


うなぎ小林

「うなぎ小林」の特特重
まるでステーキのような厚み☆
あらゆるランキングで一位を獲得する名店 

って、本当はうなぎを食べるためだけに来たのでは
ありません💦


付知

そうです、岡谷ジャンクションから付知峡に向かい
木曽石の仕入れにやって来ました


豪の家

今回の庭づくりは都内一等地の豪邸
まるでマンションのような、「豪の家」です

隣接する某国大使館から大量の枯れ葉が
降り注いで来るので、ほったらかしでも
手のかからない庭を目指します


搬入

石の搬入は、一個一個大切に手運びで


0石搬入

窓ガラス等にも気を付けながら所狭しと
石を運んで行きますが、毎回ご施主さま
には「なるべく石を見ないで」と言います

並べただけの石はただの石コロだから・・


ゴロタ1

そう、庭園家が組んで初めて命が吹き込まれる
のです

すっかり冬樹社長の代名詞として定着した
木曽石ゴロタの園路


園路2

落ち葉との相性はバツグンと言えますね


ハイノキ

柔らかく日陰を好むハイノキの株立ちを植えました

園路1

徐々に植栽を増やし、杜の小径のような
石畳みが見え隠れするような、より自然
とマッチィングした雰囲気にしていきます


リスと社長

たとえばリスと遊べるような 


美濃石2

こちらは岐阜の美濃石


石畳テラス4

厚みのある石畳のテラスになりました
朴訥としたなかにも垢抜けた品位が感じられます

そしてこちらはよくある大きな石をただ並べただけ的な💀

よくある石

豪の家に、「こだわりのない石組」は似合わない
石を撤去するのは大変な費用もかかりますので・・

庭石利用

既存の石はそのままに、ゴロタ石を組んでリメーク


庭石利用2

常緑のグラス系など宿根草を中心とした
これまた手のかからない「ほったらかし花壇」
へと変身させました


庭石利用3

黄色みを強調したのは、カレックスオシメンシスエヴァリロ
やユーホルビアゴールデンレインボー、グランドカバーに
最適な耐寒性多年草です
パープルブラウンの葉がユニークなストロビランテスブルネッテー
あっ、なんかオペラ歌手の名前みたいで、すぐには覚えられない
ですね
花が可愛いミューレンベルギアピンクミューリーやグロッソラベンダー
などなど

デッドだった空間が精神性の高いオブジェに 


イメージ図
ドッキング

石畳園路とテラスもドッキングして来年の
二期工事が楽しみです (●´ω`●)

今年も残りわずかとなりました
忙しないなかでもクリエイティブな仕事をしている以上
心の豊かさだけは大切にして行きたいですね

温泉にでもつかりながらゆっくり庭のアイデアを
練りたいものです 

















冬樹社長fuyukitabata at 22:56│コメント(6)